USP研究所ロゴマーク

USP研究所の書籍

多くの人々に必要とされ、長い年月の間多くの人々に良書として読み続けられながらも、様々な理由によって、市場から姿を消した技術書は数知れません。

私たちは、そのようなUNIX/Linux関連名著の復刊や、単なる技術の解説書ではなく、著者の思想や技術の土台となる哲学が表現されている新刊技術書の編集・発行を通じ、日本のIT業界の技術発展に貢献していきたいと考えています。

USP研究所発行の書籍

実践ユニケージ開発手法03 Webアプリケーション編

本書は、独特な方法でシステムを構築するユニケージ開発手法の基本を理解し、習得するための実践教材です。ユニケージ開発手法では、ブラウザの画面とサーバの間でデータをやり取りするWebアプリケーションを、シェルスクリプトで作ります。本書では、入力フォームからPOSTされたデータの処理方法や、結果を画面に出力する方法、またそれらに必要なWeb用のusp Tukubaiコマンドの使い方、Ajaxの仕組み、JavaScriptの書き方などを学習します。
詳細

実践ユニケージ開発手法02 シェルスクリプト学習編

本書は、独特な方法でシステムを構築するユニケージ開発手法の基本を理解し、習得するための実践教材です。「コマンド学習編」で学んだコマンドを組み合わせて、データ処理を行うシェルスクリプトの作成に必要なbashの文法や機能について学習し、ユニケージの作法にしたがってシェルスクリプトでプログラミングを行う練習も行います。
詳細

実践ユニケージ開発手法01 コマンド学習編

本書は、独特な方法でシステムを構築するユニケージ開発手法の基本を理解し、習得するための実践教材です。使用頻度の高いUNIX コマンド、usp Tukubai コマンド(ユニケージコマンド)について詳しく解説しており、豊富な練習問題で効果的にコマンド操作を体得できます。
対象となる読者は、基本的なUNIX/Linux の知識(端末、コマンド、ファイルの概念、パス、標準入出力、リダイレクションなど)がある方です。
詳細

Cプログラム高速化研究班

C言語高速化研究班
筆者は、16ビットミニコンから32ビットμプロセッサまでの汎用CPU用コンパイラや、実時間動画像処理向けビジョンチップ用並列Cコンパイラなど、数多くの開発を経験した高速化の達人。
プロセッサは高速化しましたが、なお高速プログラムが必要とされる場面が存在します。それに対応できる技術者の減少を危惧する筆者が、ノウハウを惜しみなく開示します。
詳細

シェルスクリプトシンプルレシピ 54

シェルスクリプトシンプルレシピ 54
変数、数値、文字列、ファイル操作…様々な局面において壁にぶつかったとき、それを乗り越えるための本質的な回答を54本収録したレシピ集です。
初心者を卒業し、シェルスクリプトの匠を目指す人であれば学んでおきたいノウハウが、薄い本の中にこれでもか! と詰まっています。
詳細

伽藍とバザール

伽藍とバザール
Linux、オープンソース(OSS)関係者必読の書。なぜハッカーたちは無償でソフトウェア開発に携わるのか? Linuxが成功した理由とは? OSSの所有権とは? ―― OSSソフトウェア開発の実態とコミュニティ、そしてハッカーたちの価値観を解説します。
※本書は1999年に出版されたものを、USP出版が再編集、再出版しました。
詳細

ユニケージ原論

ユニケージ原論
ユニケージ開発手法を解説した初の論文集です。
その圧倒的な柔軟性、スピード、コスト削減効果によって注目を集めている本開発手法について、考案者、ユーザ、研究者が、それぞれの立場から、技術の概略、特徴、従来の開発手法との比較を論じます。
詳細

プログラミング言語AWK

プログラミング言語AWK
本書は、テキスト処理と演算に絶大な効果を発揮するスクリプト言語「AWK」の開発者たちによる、多種多様な例題を収録した読み応えたっぷりの解説書です。
※1989年に初めての邦訳が刊行され、その後2回絶版になりましたが、USP出版が3回目の復刊をしました。
詳細

USP研究所監修の書籍

シェルプログラミング実用テクニック

シェルプログラミング実用テクニック
Linux/UNIXのコマンドは単独で使うよりも、複数のコマンドを組み合わせてこそ真価を発揮します。テキストデータの検索/置換/並べ替え、ファイルのバックアップや削除、数値や日付の計算など活用範囲は無限大。本書のいくつもの実例を順に見ていけば、コマンドを自在に組み合わせるために必要なシェルの機能と考え方が身につきます。
※本書はSoftwareDesign誌(技術評論社刊)の連載記事「開眼シェルスクリプト」を大幅に加筆修正し、同社から発行されたものです。
詳細

すべてのUNIXで20年動くプログラムはどう書くべきか

すべてのUNIXで20年動くプログラムはどう書くべきか
シェルスクリプトシンプルレシピ54」の著者が、プログラミング上よくある課題を、極力POSIXの範囲で、かつUNIX哲学的アプローチで解決したシェルスクリプトを多数例示し、高い可搬性・可用性を実現しつつ実用的なプログラムを書く方法を紹介しています。すぐに役立つ小技(レシピ)も満載です。
※本書は同人誌として発行されたものを、再編集してC&R研究所より出版されたものです。
詳細

シェルスクリプト高速開発手法入門

すべてのUNIXで20年動くプログラムはどう書くべきか
本書ではUNIXのシェルスクリプトを用いて、Webサイトを作成して、Twitterにツイートしたりログを集計したり、WordPressからデータを抜き取ったりするなど、実用的なアプリケーションを短時間に開発する手法を解説します。PCやOS、サーバ等の設定や、Open usp Tukubaiコマンドのインストール方法なども詳しく書かれ、非常に実践的な内容です。
※本書は、2014年7月にアスキー・メディアワークス(現KADOKAWA)より出版されたものです。
詳細
注文ボタン
©2017 Universal Shell Programming Laboratory