USP研究所ロゴマーク

ユニケージ開発手法・世界展開

海外ビジネスパートナー

USP研究所は2015年、ヨーロッパと北米の海外代理店との提携を開始しました。

USP Europe

Company
Unicage Soft Programming Laboratory Software Europe,Lda.
Address
Rua Sousa Martins,Palacio Sottomayor
1-60 Dto, 1050-217, Lisboa Portugal
CEO
Carlos Miguel Cruz

USP North America

Company
USP-LAB N.A. LTD.
Address
601 - 1505 Barrington Street
Halifax, Nova Scotia, B3J 3K5, Canada
CEO
Daniel Reis Faria

海外研究

USP研究所は、海外の研究機関とともに共同研究を行なっています。

マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営学大学院
ユニケージ開発手法によるビッグデータ分析の共同研究を実施しています。
英連邦科学工業研究機構
USP研究所は、Astroinformaticsの分野で、ユニケージを提案しました。

その他

ミャンマー

當仲所長が Myanmar Japan SEDA(以下参照)の招待を受け、2016年1月30日 SEDA 記念総会に参加しました。
また Myanmar Japan SEDA の支援の下、ミャンマーの代表的なIT企業 Myanmar Gateway Glocal 社と、ミャンマーにおけるITビジネス協業とIT人材の育成に関する覚書に調印し(写真)、今後USP研究所がユニケージ教育を行うとともに、両社でミャンマーでのITビジネス協業プランを作成することで合意しました。

ITビジネス協業と人材育成覚書に調印の模様

左から當仲所長、鈴木理事(ESD21)、
チョウ チナ氏(Myanmar Gateway Glocal)、
テイ アウン氏(SEDA)

Myanmar Japan SEDAとはビジネスや留学などの目的で日本を訪れ、帰国した人が中心になって、日本とミャンマーの懸け橋となり、ミャンマーの社会経済の発展を促進するために立ち上げられたNGO協会組織です。現在、経済学者、官僚、ビジネス界の要人も多く所属しており、活発な活動を続けています。

モンゴル

USP研究所は新モンゴル高等専門学校(NMTEC)に、ユニケージ開発手法に関する技術情報の提供、図書館のために日本の書物を提供するなどの支援をしています。
©2018 Universal Shell Programming Laboratory