USP研究所ロゴマーク

ユニケージ開発手法 製品ラインナップ

コマンドセット

標準

usp Tukubai

ユニケージ開発手法で中心となるコマンドセット。OS標準のコマンドと組み合わせて使用します。
OS標準のコマンドでは不足している機能・性能を補ったり、プログラムを短く書くための工夫がなされています。高速処理も特長です。
統計解析

usp STAT

ユニケージ開発手法で統計解析処理を行うためのコマンドセット。
データ分析言語「R」と同様の約80種類の基本的な統計手法をコマンド化しています。
「usp Tukubai」と組み合わせてデータクレンジングからレポーティングの一連の処理を1つのスクリプトで高速実行できます。
ビッグデータ

usp BOA

(usp BigData Oriented Architecture)
BigData 処理専用ソフトウェアアプライアンス。InfiniBand 10Gbpsネットワークなどの高速インターフェースで結合された複数台のサーバに導入されます。無駄なソフトウェアレイアーを除いた OS に限りなく近い実装により、圧倒的な性能と安定性を提供します。
MapReduceなどの特別なプログラミングは不要。クラスタコマンドを使用して通常通りスクリプトを記述するだけで並列処理が実現します。

パッケージシステム

コマンドセット(非商用)



©2020 Universal Shell Programming Laboratory